Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yongki.blog.fc2.com/tb.php/18-a0f04773

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

朗読劇「東京ジャンケンのグリム童話」DVD視聴しました!

お久しぶりです! Yong_Kiです!

なんというか相当久しぶりの日記になりました。

「おとぼけだらだら~」なんて名前にしといて良かった!(笑)

更新してない間も色々とあって書きたい事はいっぱいあったのですが、こういうのは瞬発力が大事だなぁ~と痛感する次第です(;一_一)

さてさて、ひっさびさの更新も話題は一緒です!(笑)

そうだね。東京ジャンケンだね。

あっ、そうだ。東京ジャンケンをブログのカテゴリに分ける事にしました!
ちょっとでも日記を見る際に役立てたらと思います。

本日、第二回公演の「朗読劇 東京ジャンケンのグリム童話」のDVDが届きました!
というわけで早速視聴したので、公演を思い返しながら感想などを書いていこうかと。

DVDの内容は、

演目「フリーダーとカーターリースヒェン」の千秋楽最終公演の6人朗読バージョン

キャスト6人による座談会

楽屋風景


の3つ。全部で1時間で構成されてました!

前回の「あなたに会えてよかった」のメイキングDVD同様、盛り沢山な内容でした

では感想をつらつらと。
「DVD注文したけどまだ到着してない!!」って方は注意…かも?


◆朗読劇「フリーダーとカーターリースヒェン」

最終日の最後の演目は、座長の豊口めぐみさん、名塚佳織さん、斎賀みつきさん、佐藤利奈さん、釘宮理恵さん、能登麻美子さんの6人によるフリーダーとカーターリースヒェンがあったのですが、それが今回のDVDでは収録されてました。

これは、公演後のアフタートークでも発表されていた事だったので、もう一度観るのを楽しみにしていたのですが、いざこう観るとやっぱり色々と思い出が蘇ってきますね。

元々、演目の4作の中でも、最もコミカルな内容であったこの演目、家のDVDで観るということもあって、劇場で観てた時以上に遠慮無くゲラゲラ笑ってしまいましたね(笑)

やはり生で観る舞台と、DVDで観るのとでは、そのライブ感を100%感じる事はどうしても出来ないのですが、代わりに、カメラがかなり近い位置で撮っていたので、演者の皆さんの表情とかをたくさん観る事が出来ました。

身体を使った表現ができない朗読劇というジャンルですが、皆さんとても表情で演じていたのがすごくよく分かったのも発見でしたね

後の座談会でも語られていましたが、朗読劇という「台本を読む」が前提とされた芝居の中での、演者さんの目配りなんかも意識してみると楽しそうだなぁと感じましたね。


自分としては大満足で好きな演目だった「フリーダーとカーターリースヒェン」が選ばれた理由なんかも気になったなぁと思いました。


◆座談会

演者6人の公演後の感想が語られていました。

場所は前回のようなホテルではなく、劇場でのセットに衣装のままでした。 公演後に撮ったものだったのかもしれませんね。 というのもあって本当にやり終えた後の生の感想

話題の中心はやはり、それぞれの演技の違いでした。

この朗読劇は、4つの物語を一人一人がそれぞれ別々の解釈で演技していく形をとっていたので、私を含めた観客はもちろんですが、演者の方々も個々の演技の感想を言い合いたかったのかなぁって感じがとてもしました。 だから感想も弾む弾む

私自身、観れた公演が全10公演中5公演と半分だったのですが、演者さん達の感想を聞いて、改めて「やっぱり全公演観たかったよ~~~!!!」ってなりましたね(笑)

中でも、座談会でも話題だった名塚佳織さんの灰かぶりにとても興味が湧きましたね。 灰かぶりが悪役と言われて居た解釈が、どんな風に描かれていたのかがとても興味深かったです。

座談会や、以前名塚さんの誕生日生放送番組でも話題になっていた、豊口さんがロウソクの火を上手く消せなかったという話なのですが、私事なのですが、私もちょうど最近誕生日を迎え、ケーキの火を消したのですが、今まで意識はしてなかったのですが、「確かにロウソクの火を上手く一発で消すって結構難しいのかも…?」なんて思ったりしました(笑)

単純にこれはロウソクの数の問題かもしれませんげどね(^_^;)

話は戻り、こうそれぞれの演技の解釈や表現が大きく異なっている中、それぞれの演技を受け止めて、朗読劇としての形にまとめていく、演出の野坂実さんも本当にすごいなぁというのも改めて感じましたね。


◆楽屋風景

東京ジャンケンの公式ブログでもたくさん写真がアップされてましたが、やっぱり楽屋裏の様子って楽しいですよね。

私がメイキング物を観る時に大好きな部分でもあります。
特に自分が観てる舞台だと尚更ですね。心待ちにしてる間にそういう事があったんだっていう、楽しい気持ちになれるなぁと思います。

前述の通り、今回の公演では、同じ話でも演者によって表現が全く異なる演目だったというのもあってか、自分の出番ではない日でも、時間を作って他の公演を観ている演者さんの光景がたくさん観れました。

その間でカメラを回したりしていた内容が今回収録されてたわけなのですが

ま~~~皆さん本当に仲がいい

同じ土俵で活躍して共演作も多い、仲良しな演者さん同士のテンションの高い楽しいやりとりがたくさん収録されていました。

公演前のやりとりと公演後のやりとりがあったのですが、以前ここの日記に書いたような感想を演者さんが汲み取ったりしていたのもちょろちょろと見受けられて楽しかったです。 「あぁやっぱりここでウケたのを感じてペースが変わったんだなぁ」とか、まさに舞台のライブ感そのもので、その直近の一番生の感想が観れた印象を受けました。

しかし、皆さんこんなに緊張していたとは…演目を観ていると全然それを感じさせなかっただけにビックリしました(笑)


恒例のジャンケン勝負もバッチリ収録されていました!
まさかあの二人が今回の奢り担当だったとは…!


さてさて、とりとめなく感想を書いていきましたが、本当に観てると尚更、(多分)観てなくても楽しめる内容で、舞台に行けなかった方は勿論、それぞれの演者さんのファンの方々にもオススメできる一枚になっていました!

公式サイトで通販はまだやってるので、興味があったら是非!


さてさて、そんな東京ジャンケン。 第三回公演「コミック・ポテンシャル」も、キャストの発表が次々とされて、着々と準備が行われていますね。 今回はかなりの大所帯の舞台になっているみたいで、今まで以上に賑やかで楽しい喜劇が演じられるのではないでしょうか。

私も数公演分のチケットは取ったのですが、多分まだ増えそうな気が今からしています(笑)

そして、告知も兼ねた番組出演のスケジュールもいくつか発表されていました。




6月4日(水)22:00には、文化放送 超!Mobile A&Gさん(http://www.agqr.jp/index.php
「超!Mobile A&G presents 東京ジャンケンの生放送」から

豊口めぐみさん
野阪実さん
名塚佳織さん
斎賀みつきさん
米原幸祐さん
園崎未恵さん
一杉佳澄さん
大林隆介さん
鈴木智久さん
桑田亜紀さん




6月12日(木)20:30からは webTVの視聴者参加型演劇情報バラエティ「エンタの素」さん(http://www.stickam.jp/profile/ainevertv)から、

豊口めぐみさん
鈴木智久さん
米原幸佑さん




が出演予定とのことです。

今回の舞台の抱負や、稽古中の話のような、ここでしか聞けないような話がたくさんあるといいですね!



「コミック・ポテンシャル」は第一回公演である「あなたに会えてよかった」の原作者アラン・エイクボーン氏による喜劇。





上演期間は
7月2日(水)から6日(日)の5日間

スケジュールは以下の通り。
 7月2日(水)19:00~
 7月3日(木)14:00~、19:00~
 7月4日(金)19:00~
 7月5日(土)12:00~、17:00~
 7月6日(日)12:00~、17:00~

劇場は赤坂RED/THEATER

チケットはぴあ、イープラス、ローソンチケット、Confettiで販売中。前売り:5000円、当日:5500円(全席指定)
です。




多分まだチケットはあると思いますので、夏の想い出にいかがでしょうか?


さて、久しぶりの更新になりましたが、本日はこの辺で。

次の日記は、たまには東京ジャンケンとは別の演劇について書けたらいいなぁなんて思っています。

それではまたー(^_^)/~





■東京ジャンケン 公式サイト

http://tokyo-janken.sakura.ne.jp/


■東京ジャンケン 公式ブログ

http://ameblo.jp/tokyojyanken/


■東京ジャンケン公式Twitterアカウント(@TokyoJanken)

https://twitter.com/TokyoJanken


■-らじこん- 豊口めぐみと野坂実の東京ジャンケンラヂヲ

http://www.radi-con.com/program/148


■文化放送 超A&G

http://www.agqr.jp/index.php


■webTV「エンタの素」公式blog

http://ameblo.jp/entanomoto/


■webTV「エンタの元」配信ページ

http://www.stickam.jp/profile/ainever


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yongki.blog.fc2.com/tb.php/18-a0f04773

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Yong_Ki

Author:Yong_Ki
新旧問わず、ロボットアニメと音楽が大好きな「おおきいおともだち」です。

最近は他のアニメや特撮作品にも興味を持ち始めました。

ブログはまだ不慣れですが、ちびちび更新していきたいと思います。

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。